みやび建設で家を建てよう|費用を抑えても納得の仕上がり

メリットとは

婦人

何らかの理由で住宅ローンの支払いが困難になると、住宅などの不動産を競売手続きにかけ、住宅ローン債権を回収します。基本的にこのような手続きは裁判所を通じて行われる溜め、強制的で融通は利きません。一般的に競売手続きを回避するには、住宅ローンの残高よりも高く物件を売却するか、売却代金では足りない分のお金を債務者が用意します。これらの方法は現実的に難しい方法です。ですが、最近では不動産の任意売却を利用することで、競売手続きを回避する方が増えてきています。基本的にこの方法では、債務者と債権者の間に専門の不動産コンサルタントが入るのです。コンサルタントは債務者と債権者の間に入ることで、調整を行います。この方法を利用すれば、債権者の合意のもとに合理的な不動産取引が行えるのです。例えば、住宅ローンの残高よりも、不動産売買価格が低い場合でも債権者の合意があれば売却できます。債権者の合意に関してはコンサルタントが取ってくれるので安心です。また、競売手続きに比べると、任意売却の場合は債務者側の融通が利くのも特徴でしょう。例えば、引っ越しのタイミングや売却価格に関しての融通が利くのです。競売手続きになるとこのような融通は利かないので、強制的に不動産物件が売買されます。一般的に競売手続きでは、市場価格よりも低い価格で物件が落札されてしまうことが多いので、ローンの残高が多く残ってしまう恐れがあるのです。任意売却で市場価格に近い価格で売却することローンの残高を減らすことができます。基本的に任意売却を利用した方がメリットが多いのです。